« 訥言敏行 | トップページ | 克己復礼 »

2009年4月29日 (水)

下学上達

 下学上達(かがくじょうたつ)は、。下学して上達す、と読む。手近なところから学び始めて、次第に進歩向上してゆくこと。

 出典は論語の憲問(けんもん)だ。憲とは原憲(げんけん)のことで、孔子の弟子、七十子(しちじっし)の一人である。

 子曰、不怨天、不尤人、下学而上達。知我者其天乎。子曰く、天を怨(うら)みず人を尤(とが)めず、下学して上達す。我を知る者は其(そ)れ天なるか、と。

 いきなり難しいことを勉強するのではなく、身近なことからコツコツ学べば良いということだ。そしてそこから高度なことを学んで行けばやがて天にも手が届くのかも知れない。

|

« 訥言敏行 | トップページ | 克己復礼 »

コメント

いいと思いました[Esmile]

投稿: 歩 | 2013年1月 9日 (水) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/29338486

この記事へのトラックバック一覧です: 下学上達:

« 訥言敏行 | トップページ | 克己復礼 »