« エアバッグ | トップページ | 衝突試験用ダミー »

2015年3月19日 (木)

シートベルト

5315.シートベルト(seat belt

 シートベルトは簡易な装置ながら、衝突時に乗員の飛び出しを防ぐ重要な拘束装置であり,日本において交通事故死を急激に減少させたのは,シートベルトの着用義務化に負うところが大きい.シートベルトの構造は,ピラーループ(pillar loop),高さ調整器(height adjuster),ウェビングベルト(webbing),リトラクタ(retractor),アンカーブラケット(anchor bracket),バックル(buckle)で構成される.

 ウェビングベルトは,乗員に快適でかつ耐久性があるよう工夫されている.無理なく使用させるため,エッジのない柔らかい構造を取り,着用時の不快感を極力減らすよう開発する.

 シートベルトの最重要部品は,ベルトを巻き取るリトラクタである.現代のリトラクタは,ほとんどが緊急ロック式巻き取り ELR ; Emergency Locking Retractor)方式である.この方式は,平常時乗員の動きを阻害しないよう強く拘束せず,衝突時にベルトをロックするものである.車体の傾き,車両の減速度,ベルトの引き出し速度等を感知して作動する.また,衝突を感知した時,自動的にベルトを巻き取るプリテンショナー(pretensioner)方式もある.

|

« エアバッグ | トップページ | 衝突試験用ダミー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/59313632

この記事へのトラックバック一覧です: シートベルト:

« エアバッグ | トップページ | 衝突試験用ダミー »