« 歩行者保護 | トップページ | シートベルト »

2015年3月18日 (水)

エアバッグ

5314.エアバッグ(air-bag

エアバッグは,衝突時にバッグが膨らみ乗員を拘束すると同時に,乗員にかかったエネルギーを吸収するものである.運転席,助手席共,シートベルトの使用を前提とするため,一般的にSRSSupplemental Restraint System)エアバッグと呼ばれる.シートベルトは,衝突時に乗員を拘束してダッシュボードとぶつからないようにするが,ある減速レベルを超えると胸郭の破砕を引き起こす.すなわち,正面衝突の際のドライバの胸郭負荷は,エアバッグがあると約30%減少する.更に,広い面積でエネルギーを吸収するため,ドライバの脳への衝撃も緩和する.

エアバッグは,ステアリングホイールに組み込まれた運転席エアバッグ(driver air-bag),ダッシュボードの運転席下部のニーパッドに組み込まれたニーエアバッグ(knee air-bag),インパネ助手席側に組み込まれた助手席エアバッグ(passenger air-bag),ドア上部のルーフライニングサイドに組み込まれたウィンドウエアバッグ/カーテンエアバッグ(window air-bag/curtain air-bag),外側シートサイドに組み込まれたサイドエアバッグ(side air-bag)が一般的である.

 エアバッグ作動の仕組みは,加速度センサーで衝撃を検知すると,エアバッグECUによるイグナイタを点火させインフレータに着火させる.インフレータはガスを発生させエアバッグが展開させるが,展開後は排気弁からガスを逃がして萎む.エアバッグを開発する際には,下記項目が需要項目となる.

・エアバッグの非作動限界

・エアバッグの作動タイミング

・誤爆防止

・衝撃吸収レベル

|

« 歩行者保護 | トップページ | シートベルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/59298581

この記事へのトラックバック一覧です: エアバッグ:

« 歩行者保護 | トップページ | シートベルト »