« 空調システム | トップページ | GPBL(1) »

2015年3月 2日 (月)

操作スイッチ

525.操作表示系(control and display systems

5251.操作系

操作スイッチ類の数は,自動車の機能の充実と共に増加する傾向にある.操作系の設置位置は,次の基準を考慮する.

・可触性(accessibility

・視認性(visibility

・使いやすさ(ease for use

また,全ての操作スイッチが同一レベルでこれらの基準を満足するのではなく,次の基準による優先度を持たせることが重要である.

・重要性:運転の必要度と安全度

・頻度:単位時間あたりの平均操作回数

・誤操作対応:間違って操作したときの修正のし易さ

・迅速性:操作対象に応じた実行までの速度

優先度は,これらの基準に則して,高・中・低の3段階で考えると良い.

ドライバの運転姿勢で無理なく動かせる指,腕,足の範囲は限られているため,全てのスイッチ類に均等な使いやすさを設定することは出来ない.そのため,常に操作するステアリングホイールから手を離さず操作できるものとして,ホーン,ライティングにおけるパッシングと走行ビーム/すれ違いビームの切替,及びワイパとウォッシャー操作スイッチ(レバー)に「高」優先度を与える.また,操作頻度から,クルーズコントロールやオーディオのボリュームやモードスイッチに高い優先度を与えることもある.次に,シフトレバー位置の様にステアリングから手を放すものの無理なく届く範囲のものとして,マスターライティング,空調コントロール,オーディオ等に「中」優先度を与える.そして,通常の運転中に操作しないものや,補助的なものに,「低」優先度を与える.これらのことを考慮しつつ,次の点にも注意する.

・緊急性を有するものは,即座に操作できる範囲に設置

・類似機能はまとめて設置

・走行中に操作するものかどうか

これらの基準から,操作スイッチ類は次の3つの場所に設置する.

①ダッシュボード,ステアリングコラム,ステアリングホイール,コンソール:これらの場所には,運転中に操作するものを,ドライバが前方を監視しながら無理なく操作できる様に設置する.

②シート:シートにはシート位置,背もたれ角度調整スイッチを設置する.

③その他:各ドアウィンドウの開閉スイッチは各ドアに,ミラー操作等はミラー本体や近接場所に設置する.

|

« 空調システム | トップページ | GPBL(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/59103736

この記事へのトラックバック一覧です: 操作スイッチ:

« 空調システム | トップページ | GPBL(1) »