« 車内騒音(4) | トップページ | 車内騒音(6) »

2015年6月20日 (土)

車内騒音(5)

723.車内騒音の主観評価方法

車内騒音の計測方法についていは,前述のように国際標準のISO5128 BS6086で定められている.しかし,車内騒音は主観的評価が非常に重要である.

車室内騒音の主観的評価は、次のような種々の目的に使用することができる.

・音質の判断
・低音質の原因の診断

音質の判断は,モニターによるパネル評価で行うが,低音質の診断は,専門家による評価で行う.パネル評価は,通常,次の2つの方法で実行する.
・実車評価:対象車両を実際に運転しながら
・音響評価:音響ルームで録音した音を再生

|

« 車内騒音(4) | トップページ | 車内騒音(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60439576

この記事へのトラックバック一覧です: 車内騒音(5):

« 車内騒音(4) | トップページ | 車内騒音(6) »