« 車両運動力学のテスト方法 | トップページ | 振動の基本モデル(1) »

2015年6月13日 (土)

周波数応答特性

625.周波数応答特性frequncy response

 前節のテスト方法で車両運動力学をテストすると,一般的な乗用車では次のような特性となる.

 ヨーレート周波数に対する入力に対する出力ゲインは,低周波において約-10[db]となる.これは,-10[db]が約0.32なので,ステアリングホイールを10[°]切ると,ヨーレートが3.2[°/s]発生していることを表す.また,ゲインのピークは2から4[db]となるが,良好な減衰特性をもつためにはあまり大きくない方が良い.

ゲインが最大になるピーク周波数は共振周波数と呼ばれ,ほぼ車両の固有振動数となる.ピーク周波数が大きいほど速応性が良く,ドライバは操舵の効きが鋭いと感じる.通常,乗用車では1から1.3[Hz]とするが,スポーツカーでは周波数を高めて鋭さを強調する.

位相の遅れについては,位相遅れが大きいほどステアリングホイールの舵角入力に対しヨーレートの発生が遅れることを表す.よって,操舵に対して遅れることなくヨーレートを発生させるためには,位相遅れが小さい方が望ましい.通常,乗用車では1[Hz]での位相遅れは20から40[°]となる.

|

« 車両運動力学のテスト方法 | トップページ | 振動の基本モデル(1) »

コメント

I really like your writing style, great info, thank you for putting up cfggdekkgbek

投稿: Johng997 | 2019年5月14日 (火) 19時59分

Hello!<a href="http://via3indian.com/#1.html">viagra from india</a>

投稿: Pharmd254 | 2019年5月15日 (水) 13時20分

Wow, wonderful blog layout! How long have you been blogging for? you made blogging look easy. The overall look of your web site is excellent, as well as the content! edeecdfebbdb

投稿: Johnf399 | 2019年7月13日 (土) 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 周波数応答特性:

« 車両運動力学のテスト方法 | トップページ | 振動の基本モデル(1) »