« ブレーキノイズ | トップページ | EV(1) »

2015年6月30日 (火)

きしみ音

735きしみ音,カラカラ音,ガタピシ音

 きしみ、カラカラ、ガタピシ音は,明確な原因がなく発生し、新車販売時のクレームも多い厄介な問題である.

 ガタピシ音は高周波振動に起因していることが多く,比較的原因を発見し易い.ガタピシ音は,室内の部品の摩擦係数が異なる静止側と動き側が触れ合うスティックスリップ現象(stick-slip)によって生ずる.対策としては,発生ペアをファブリック内に埋め込んで固定することが一般的である.

 きしみ音の原因は,次のものが挙げられる.

・材料の選択

・表面仕上げ

・励起の周波数

・励起の振幅

2種類の材料の干渉

・負荷

・室温

・湿度

これらの原因が組み合わさって発生するが,低湿度で2種類の材料が干渉し,高周波数で振幅の大きい励起が起きると顕著なきしみ音となる.

 カラカラ音は,トリムの装着が不十分だったり,パワートレイン経路で発生することが多い.しかし,カラカラ音の特性は不明確なため,音場解析での特定は難しい.

|

« ブレーキノイズ | トップページ | EV(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60554502

この記事へのトラックバック一覧です: きしみ音:

« ブレーキノイズ | トップページ | EV(1) »