« 旋回性能(2) | トップページ | 旋回特性(4) »

2015年6月 8日 (月)

旋回性能(3)

 

各ステア特性とスタビリティファクタとの関係を見るため,R/R0考える.R/R01+AV2となるため,横軸にV2,縦軸にR/R0のグラフにおいて,A>0のときV2=01から単調増加する直線,A =0のときR/R0=1の直線,A <0のときR/R0=1から単調減少する直線となる.A>0はアンダーステア,A =0はニュートラルステア,A <0はオーバーステアを表し,オーバーステア時は速度Vcで旋回半径が0となる.この速度Vcを臨界速度と呼び,次式で表される.

 

    Vc=√(-1/A)   (620)

|

« 旋回性能(2) | トップページ | 旋回特性(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60275205

この記事へのトラックバック一覧です: 旋回性能(3):

« 旋回性能(2) | トップページ | 旋回特性(4) »