« 車内騒音(3) | トップページ | 車内騒音(5) »

2015年6月19日 (金)

車内騒音(4)

722.車内騒音の計測方法

車内騒音の評価手順は,国際標準ISO 5128BS6086で次のように決められている.
・音圧レベルの測定は1/3オクターブ解析可能なこと
・少なくともドライバの耳の位置と,それより後方の一か所以上で測定すること
・マイクは水平で,乗員の通常位置で最大感度となる方向に向くこと
・マイクは車室内の窓や部品から0.15[m]よりも近くに置かないこと
・マイクは車両振動の影響を受けない方法でマウントすること

・計測は車両がアイドリングで停止中と60120[km/h]範囲の様々な安定した速度で走行中の状態,そして最高速の45%から90%にフル加速した状態(ただし120[km/h]は超えない)で行うこと

実際の各メーカーでは,2速から3速でアイドリングから最大エンジン回転までのフル加速試験を行う.また,多くの独自計測がある.

|

« 車内騒音(3) | トップページ | 車内騒音(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60426806

この記事へのトラックバック一覧です: 車内騒音(4):

« 車内騒音(3) | トップページ | 車内騒音(5) »