« 振動の基本モデル(2) | トップページ | 車内騒音(2) »

2015年6月16日 (火)

車内騒音(1)

72.車内騒音(interior noise

車内騒音は以下の騒音の組合せである.
・エンジン音
・ロードノイズ
・吸気音
・排気音

・風切り音
・部品および付属機器からのノイズ
・ブレーキノイズ

・きしみ音,カラカラ音,ガタピシ音

これらの騒音は,最後に挙げたきしみ音以外は,ある音源から車室内に侵入して来る音である.騒音の伝達経路としては,次の2つが考えられる。
・空気ノイズ経路:車室外から隙間を経由して侵入する経路である.
・構成部品を伝播する経路:騒音源から振動が固体伝搬し車室内に伝わる経路である.

 車室内部とドアシール等外部とのシール不足があると,直接的な空気ノイズ経路となる.空気ノイズが車室の表面を振動させると、車室内に振動を引き起こし間接的な空気ノイズ経路となる.

騒音源と伝達経路間の相互作用は,最終的に室内へ騒音として伝達するときのフィルタと見做すことが出来る.例えば,間接的な空気ノイズ経路の場合,車室への音の伝達は低周波数で最大となる.構成部品を伝達する経路の場合,弾力性のあるマウントを使用して高周波数の伝達を抑えるため,やはり低周波数で最大となる.そのため,車室内の騒音対策には,低周波成分に効果が高いものが望まれる.

|

« 振動の基本モデル(2) | トップページ | 車内騒音(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60389853

この記事へのトラックバック一覧です: 車内騒音(1):

« 振動の基本モデル(2) | トップページ | 車内騒音(2) »