« 周波数応答特性 | トップページ | 振動の基本モデル(2) »

2015年6月14日 (日)

振動の基本モデル(1)

7.振動騒音(vibration and noise)
7.1.振動の基本モデル
 自動車の振動は,マス・バネ・ダンパーの1自由度振動モデルを基本として考える場合が多い.マスをm,バネ定数をk,ダンパーの粘性係数をcとすると,変位をxとして自由振動では次の基本方程式が成り立つ.
mx ̈+cẋ+kx=0      (7・1)
ζ=c/(2√mk),  ω_n=√(k/m)とおくと,(7・1)式は次式で表される.
ẍ+2ζω_n ẋ+ω_n^2 x=0     (7・2)
(7・2)式はζ<1の条件で減衰自由振動をすることが知られており,サスペンションの振動モデルとすることができる.

|

« 周波数応答特性 | トップページ | 振動の基本モデル(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60366649

この記事へのトラックバック一覧です: 振動の基本モデル(1):

« 周波数応答特性 | トップページ | 振動の基本モデル(2) »