« きしみ音 | トップページ | EV(2) »

2015年7月 1日 (水)

EV(1)

8HVEVFCV

81EVElectric Vehicle

 1920年代まで,電気自動車EVとガソリン自動車は互角か電気自動車が優れていたという状況だったが,その後,ガソリン自動車が目覚ましく進歩し,EVは廃れた.しかし,環境問題やエネルギー問題が深刻化し,特に米国カリフォルニア州のZEVZero Emission Vehicle規制に対応するため,再びEVが注目され始めた.

 EVがガソリン車と決定的に異なるのは,エンジンの代わりにモータを使用し,ガソリンの代わりにバッテリーに蓄積された電気を使用することである.そのため,本書ではEVのモータとバッテリーについて取り上げる.

811DCモータ方式

DC動力伝達装置は,これまで、広くEVに使用されたきた.構成としては,電子制御装置,DCモータ,DC-DCコンバータ,およびトランスミッションから成るが,主要コンポーネントは,DCモーターとDC-DCコンバータである.

 DCモータの界磁制御は,自励方式と他励方式に分かれ,更に電磁石界磁型と永久磁石界磁型に分類できる.電磁石界磁型は,分巻方式,直巻方式たある.DCモータは,すべてのタイプで整流器とブラシの課題がある. 整流器はトルクリップルを引き起こしモータ速度を制限し,ブラシは摩擦と無線周波妨害の原因となる.また,ブラシの消耗のた,整流器とブラシの定期メンテナンスが必要となる.

 DC-DCコンバータはモータの速度を変えるため,速度に応じてON時間とOFF時間の比率(デューティ比)を変え平均電圧を変化させ,直流チョッパと呼ばれる.長期に渡ってDCモータは使われて来たが,効率が低くメインテナンスが必要なため,現代では時代遅れとなる.

|

« きしみ音 | トップページ | EV(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60569444

この記事へのトラックバック一覧です: EV(1):

« きしみ音 | トップページ | EV(2) »