« EV(2) | トップページ | EV(4) »

2015年7月 3日 (金)

EV(3)

813SRswitched reluctance)モータ方式

古くからあるDCモータ,近年使用され始めたACモータに代わり,最近SRモータが注目され始めた.SRモータをEVに適用するときの構成としては,電子制御装置,SRモーター,SRコンバータ,およびトランスミッションとなる.SRモータの原理は1世紀前からあったのだが,実用化されたのはパワー・エレクトロニクス素子が使えるようになってからである.

SRがスイッチト・リラクタンスを略したように,SRモータは巻き線と鉄心コアによって回転する.基本構造は,ステータに捲かれた巻き線に流す電流を切り替えてロータを回転させるもので,永久磁石が不要である.最近では,レアアースの高騰によって注目を浴びるようになった.ロータに巻き線がないため,堅牢かつシンプルな構造であり,高速回転域でも高効率が維持できる.しかし,トルクリップルが他のモータよりも大きいため,モータ単体での振動・騒音を軽減するための工夫が必要である.

|

« EV(2) | トップページ | EV(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60593288

この記事へのトラックバック一覧です: EV(3):

« EV(2) | トップページ | EV(4) »