« HV(3) | トップページ | HV(5) »

2015年7月16日 (木)

HV(4)

843.シリーズパラレルHV2モータ方式)

 1997年に登場したトヨタ・プリウスは,THSToyota Hybrid System)と名付けられたシリーズパラレル方式を提案した.これは,エンジンを発電機としてだけ機能させるだけでなく,駆動力として使用することも出来る方式である.また,完全にエンジンを停止させ,モータだけで走行することも可能である.そのため,シリーズパラレル方式と呼ばれる.

  THSは,エンジンと駆動用モータの他,発電用モータと動力分割機構を持つ.駆動用と発電用のモータを2つ持っているため,2モータ方式とも呼ばれる.この動力分割機構で,エンジン出力を車輪の駆動力と発電モータ用の駆動力に分割する.エンジンの制御状態は走行モードによって,次の様に変わる.

 車両停止状態ではエンジンを停止させ,発進は駆動モータだけで行う.すなわち,EV状態となる.発進後はエンジンを始動し,動力分割機構により発電モータ用と車輪駆動用にエンジン出力を分割する.分割比率は走行状態によって異なり,動力分割の比率は遊星歯車によって配分される.急加速時は,バッテリからの電力で駆動用モータを回転させ,エンジンの駆動力にモータの駆動力を加えるパラレル状態とする.減速制動時は,駆動用モータの回生エネルギーを充電用に使う.車両が停止すると,再びエンジンも停止させるが,バッテリの消費状態によっては,充電用にエンジンを始動させる.

|

« HV(3) | トップページ | HV(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60738523

この記事へのトラックバック一覧です: HV(4):

« HV(3) | トップページ | HV(5) »