« HV(2) | トップページ | HV(4) »

2015年7月15日 (水)

HV(3)

842.パラレルHV

パラレル方式では,エンジンとモータの両方を駆動力として使用するものである.モータを使用するため,通常のエンジン用のバッテリー以外に高圧のバッテリーを持ち,このバッテリーの充電は,エンジンとモータの両方で行う.通常は駆動用モータの減速時を回生ブレーキとし,そのときモータを発電機として利用する.

最もシンプルはパラレル方式の構造は,エンジン出力と変速機の間にリング状のモータを挟み込むものである.これにより,車両発進時や加速時にモータの駆動力をアシストに使い,減速時は回生ブレーキとして使う.この方式ではモータのトルクを大きく取らないため,モータ用のバッテリーも小さくでき、コンパクトにまとめることが可能である.

|

« HV(2) | トップページ | HV(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60722806

この記事へのトラックバック一覧です: HV(3):

« HV(2) | トップページ | HV(4) »