« ITS(5) | トップページ | ITS(7) »

2015年7月26日 (日)

ITS(6)

9231電波レーダ

 レーダはRadio Detection And Rangingの略語であり,レーダに電波を付ける必要はないのだが,後述するレーザレーダが使われ始めたため,レーザと区別するために電波レーダと称する.使用周波数帯域は,前方走行車認識用のものは76G[Hz]帯域のミリ波が使われるため,ミリ波レーダとも称する.

 ミリ波帯域の電波の特徴としては,

・大気での減衰が大きい

・波長が短い

・帯域を広く取れる

ということがある.大気での減衰が大きいため他のレーダからの干渉が少なく,波長が短いためレーダを小型化することが出来,帯域を広く取れるため距離分解能を高くとるこが可能となる.

 対象物体までの距離計測手法は,

・パルスドップラー方式

FMCW方式

・二周波CW方式

がある.また,アンテナ方式は,

・機械捜査方式

・ビーム切替方式

・フェーズドアレー方式

・ディジタルフォーミング方式

がある.

 電波レーダの課題は,光より波長が長いため空間解像度が低く,物体の詳細形状が認識しにくい点と,対象物体の電波の反射特性に依存するため,歩行者の認識が不得意という点である.

|

« ITS(5) | トップページ | ITS(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60888108

この記事へのトラックバック一覧です: ITS(6):

« ITS(5) | トップページ | ITS(7) »