« HV(8) | トップページ | ITS(2) »

2015年7月21日 (火)

ITS(1)

9ITSIntelligent Transport Systems

91ITSとは

 自動車が持つ環境負荷の問題と安全性の向上は,車両単独での改善が各企業や研究機関で進められている.自動車を交通システムという観点から考え,車両相互や道路交通インフラとの連携で課題を解決することが可能となる.特に,近年発展が著しいエレクトロニクスや通信技術を使って,交通システムの知能化を目指すものを,高度道路交通システムITSと呼ぶ.

 ITSは日本単独で進めるのではなく,日米欧の3極が主軸となりグローバルに同期して研究開発が進められている.日本が担う役割は,日本単独ではなくアジア・パシフィック地域と連携して進めることである.第一回のITS世界会議は1994年,パリで開催され,以降毎年,欧州・アジアパシフィック・南北アメリカ地域の順で開催されている.

 日本ではITSとして注力する分野を以下の9として研究開発を進めている.

①ナビゲーションの高度化:VICS等によるナビの高度化

②自動料金収受システム:料金所等のノンストップ化等

③安全運転の支援:ASV等による危険警告・自動運転等

④交通管理の最適化:経路誘導、公共交通優先信号制御

⑤道路管理の効率化:工事情報等の提供、特殊車両管理等

⑥公共交通の支援:公共交通の運行状況の提供等

⑦商用車の効率化:効率的な配車計画の支援等

⑧歩行者等の支援:歩行者等に経路・施設案内の提供等

⑨緊急車両の運行支援:緊急時通報、緊急車両の経路誘導等

|

« HV(8) | トップページ | ITS(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60817498

この記事へのトラックバック一覧です: ITS(1):

« HV(8) | トップページ | ITS(2) »