« ITS(2) | トップページ | ITS(4) »

2015年7月23日 (木)

ITS(3)

921GNSS

 GNSSとは,全地球航法衛星システムの略語であり,各国が打ち上げた測位衛星システム全てを使用した地上の測位システムである.各国の測位システムは,米国のGPSGlobal Positioning System,欧州のガリレオGalileo,ロシアのGLONASSGlobal Navigation Satellite Systemがあり,日本も準天頂衛星QZSSQuasi-Zenith Satellite Systemの運用を計画している.

 GNSSによる測位原理は,複数の衛星が送る送信時刻を受信し,その到着時刻差から現在位置を特定するものである.すなわち,地上の座標をxyz,時刻をtとすると,4つの衛星の座標と送信時刻をxiyizitii=1,2,3,4),光速をcとしたとき,地上の座標は次の連立方程式の解となり,受信機側で求めることが可能となる.

 

(x-x1)2+(y-y1)2+(z-z1)2-c(t-t1)=0

 

(x-x2)2+(y-y2)2+(z-z2)2-c(t-t2)=0

 

(x-x3)2+(y-y3)2+(z-z3)2-c(t-t3)=0

 

(x-x4)2+(y-y4)2+(z-z4)2-c(t-t4)=0

 

|

« ITS(2) | トップページ | ITS(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/60844339

この記事へのトラックバック一覧です: ITS(3):

« ITS(2) | トップページ | ITS(4) »