« 成功の要素 | トップページ | バーチャル開発 »

2015年8月12日 (水)

デザインプロセス

1033.デザインプロセス

 車両開発のプロセスは,まず初めに,技術的な成立性の検討を行う.車両コンセプトから選定された各部品を,基本ボデー形状内に配置し,居住性と合わせて成立しているかをアレンジ図で検討する.アレンジ図で,車両寸法,各主要部品の配置が決まり,必要な性能も同時に決定される.

 アレンジ図と並行してスタイリングがデザインされ,デザイン,車両寸法とレイアウトが決まると,目標重量と合わせて衝突安全性を考慮したボデー構造が決定される.ボデー構造は,主要部分の断面から設計され,それを基に3D-CAD化される.

 また,アレンジ図を基にして,各部品の担当部署が成立性を検討し,同時に必要な開発コストが見積もられる.この段階で,車両目標性能とコストは決まっているため,各部品の目標性能とコストが提示され,各開発担当部署は目標に向かって開発を始める.

|

« 成功の要素 | トップページ | バーチャル開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/61123566

この記事へのトラックバック一覧です: デザインプロセス:

« 成功の要素 | トップページ | バーチャル開発 »