« エッセンモーターショー | トップページ | 新型プリウス »

2015年9月25日 (金)

コンセプトIAA

 今年も多くの新型車やコンセプトカーが、フランクフルトモーターショーに出品された。東京モーターショーにも登場するので、見所を拾っておこう。

 一番驚いたのが、メルセデスのコンセプトカーIAAだ。IAAは、Intelligent Aerodynamic Automobile の略である。

 どこがすごいかと言うと、空気抵抗を低減するため走行中にボデーが変形するのである。速度が80km/hを超えると、車体のリヤが390mm伸び、前後のパンパーのフラップが20~25mmせり出して空気抵抗を低減させるのだ。これにより空気抵抗が0.19にも低減するので、高速走行では滑る様に走るのではないだろうか。全長5040mmが高速走行中は5430mmに変形するのだが、高速走行での車間距離を考えると、この程度の変形は問題なさそうだ。

 メルセデスはこの他にも、Cクラスクーペが発表されている。自動車はネットやカタログで見るのと実物を見るのは大違いなので、実際に見て新型車の息吹を感じてみよう。

|

« エッセンモーターショー | トップページ | 新型プリウス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/61751646

この記事へのトラックバック一覧です: コンセプトIAA:

« エッセンモーターショー | トップページ | 新型プリウス »