« 加速抵抗 | トップページ | 空気抵抗 »

2015年9月 5日 (土)

軽量化

 自動車を軽量化すれば、燃費は良くなるし、加速度が上がって運動性能も良くなる。良いことだらけなので、エコカーに限らずいろんな車で努力している。

 軽量化の手法として、従来は鉄板を薄くして形状に工夫を凝らしていたが、現代ではCAE解析でだいたいのことがわかって来たので、軽い材料への変更が検討されるようになった。その代表が、アルミニウムと樹脂である。

 アルミニウムも樹脂も、鉄板より軽いため、まずは鉄板にすぐ置き換えられるところが対象となる。アウディは、ボデーそのものをアルミ化する大胆な技術開発に挑戦したし、ボデーの外板をすべて樹脂化したコペンのような車もある。コペンは外板を樹脂化したため、外板だけを違うデザインに着せ替えるという面白い仕組みも手に入れた。また、エンジンのシリンダブロックがアルミ化される等、各部品も軽量化の努力が続いている。

 部品の軽量化で有名な話は、スズキの軽量化だ。それは、全ての部品を1gずつ軽量化しようという考え方だ。自動車は、3万点の部品で出来ていると言われるので、1gずつ軽量化すれば、30kgの軽量化が達成出来ることになる。

|

« 加速抵抗 | トップページ | 空気抵抗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/61458009

この記事へのトラックバック一覧です: 軽量化:

« 加速抵抗 | トップページ | 空気抵抗 »