« スカイアクティブ・ディーゼル | トップページ | 第44回東京モーターショー »

2015年11月 1日 (日)

東京モーターショー60周年記念パレード

 東京モーターショーが開幕され、10月31日から一般公開が始まった。第一回目の開催が1954年で、昨年が60周年になるということで、今年は記念パレードが行われた。

 帝国ホテル東京前を出発したパレードでは、各年代を代表する自動車70台が実際に走行した。どんな自動車が走行したか、珍しいものを紹介しよう。

 古いものでは、1958年製ダットサン1000セダン、メルセデス・ベンツ300SLロードスター、1960年製ミゼット、日野ルノーが参加した。ダットサンは日産がまだプリンスと合併する前の企業名であり、300SLはガルウイングが特徴的な名車だ。ミゼットは初期のバーハンドルから丸ハンドルに変更された形式で、日野ルノーはルノー4CVを日野自動車がノックダウン生産したものだ。日野もいすゞも、昔は乗用車を生産していたのだ。

 いすゞからは、1969年製117クーペが参加していた。117クーペはジョルジェット・ジウジアーロがデザインしたもので、今見てもスタイリッシュで美しいボディラインが印象的である。

|

« スカイアクティブ・ディーゼル | トップページ | 第44回東京モーターショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/62299090

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショー60周年記念パレード:

« スカイアクティブ・ディーゼル | トップページ | 第44回東京モーターショー »