« 車の薀蓄(6) | トップページ | 車の薀蓄(8) »

2016年3月27日 (日)

車の薀蓄(7)

 今日は20世紀最高のデザイナーの話。

 20世紀最高のデザイナーを選んだカー・デザイナー・オブ・ザ・イヤーをご存知だろうか?33カ国132人の自動車専門ジャーナリストが選んだのは、イタリヤのデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロだった。

 ジウジアーロの作品は、いすゞ117クーペを始め、ロータス・エスプリやアルファロメオ・ブレラのようなスタイリッシュなスポーツモデルが多い印象がある。ところが、フォルクスワーゲン・初代ゴルフ、フィアット・パンダ、ダイハツ・2代目ムーヴ等の大衆車も多い。

 ジウジアーロは自動車だけでなく、工業製品全般のデザインも手掛けている。まず、イタリア国鉄の電車デザイン、そして、セイコーの時計、ニコンのカメラが有名だ。変わったところでは、コーヒーメーカーやパスタまでデザインしている。また、ジウジアーロがデザインしたバスケットボールまである。

 僕が所有したことがある自動車は12種類あるが、その内2種類がジウジアーロのデザインである。スズキ・セルボ(初代)とアルファロメオ156スポーツワゴン(バージョン3)である。

|

« 車の薀蓄(6) | トップページ | 車の薀蓄(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/64655478

この記事へのトラックバック一覧です: 車の薀蓄(7):

« 車の薀蓄(6) | トップページ | 車の薀蓄(8) »