« 車の薀蓄(10) | トップページ | 技術トップカー »

2016年3月31日 (木)

車の薀蓄(11)

 車の薀蓄、当面の最終回は、中古車の話。

 自動車は消耗品なので、法定耐用年数が6年と決められている。だから、中古車は新車より圧倒的に安く買うことができる。

 これは外車でも同じ。国産車の中古車よりは多少高くても、新車価格からすればずいぶんと安くなっている。

 例えば、メルセデス・ベンツでも新車価格が500万円のCクラスが、10年経てば50万円で買える。ヨーロッパならメルセデスだと20年は乗る。それを考えれば、10年落ちでもまだ10年乗ることができるということだ。しかも、たったの50万円である。新車で買うとすると、軽自動車でも上級車なら200万円が相場である。

 10年落ち、50万円の中古外車を買うと、車に詳しくなる。無駄な修理代が出ないよう、車の特性を勉強しながら維持することになるからである。若いときにチャレンジしてはどうだろうか。

|

« 車の薀蓄(10) | トップページ | 技術トップカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/64728464

この記事へのトラックバック一覧です: 車の薀蓄(11):

« 車の薀蓄(10) | トップページ | 技術トップカー »