« 車の薀蓄(7) | トップページ | 車の薀蓄(9) »

2016年3月28日 (月)

車の薀蓄(8)

 8回目は欧州車の魅力。

 欧州車といえば高嶺の花で、購入対象にならない方が多いかも知れない。ところが、中古車になると意外と安く買いやすい。

 欧州車も、日本へ輸入されたものは日本向けの仕様を施している。しかし、元々開発された国の考え方が色濃く残っており、それが欧州車の魅力となる。

 欧州車に共通している特性は、長距離を走行することを前提にしていることである。欧州は各国内だけでなく、国をまたがって自動車で移動する。したがって、何時間乗っても疲れないようなシートを始め、長距離走行を前提にしたパワートレイン系の仕様になっている。そのため、日本の渋滞路では日本車より使い辛いこともある。しかし、高速道路を使っての長時間に渡る運転は、日本車より疲れず快適に運転することができる。

 その上で、各国の文化を感じることができる。イタリア車、フランス車、イギリス車、ドイツ車等の車内は、各国に滞在したときのホテルを連想させる。

|

« 車の薀蓄(7) | トップページ | 車の薀蓄(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/64676456

この記事へのトラックバック一覧です: 車の薀蓄(8):

« 車の薀蓄(7) | トップページ | 車の薀蓄(9) »