« 車の薀蓄(9) | トップページ | 車の薀蓄(11) »

2016年3月30日 (水)

車の薀蓄(10)

 10回目はタイヤの色の話。

 自動車のタイヤは黒色が基本だ。サイドには色を入れることもできる。しかし,地面に接する面は全て黒い。

 タイヤはゴムが主成分である。ゴムの本来の色は乳白色であり、タイヤが黒いのは炭素の粉を混ぜたからである。

 炭素の粉はカーボンブラックと呼ばれ、タイヤの25%も占めている。カーボンブラックを混ぜないと、タイヤは消しゴムのようになってしまい、とても使えるものにはならない。カーボンブラックを混ぜると固くなり、実用に耐えるタイヤになるのである。

 カラータイヤを作ろうとすると、タイヤに色粉を混ぜることになる。すると、カーボンブラックの割合が減り、必然的にタイヤは弱くなる。タイヤは黒でないといけない

|

« 車の薀蓄(9) | トップページ | 車の薀蓄(11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/64709214

この記事へのトラックバック一覧です: 車の薀蓄(10):

« 車の薀蓄(9) | トップページ | 車の薀蓄(11) »