« 信号のない交差点 | トップページ | カリフォルニア州の自動走行実験企業 »

2016年4月27日 (水)

太陽電池飛行機プロジェクト

 今日の話題はIEEEではなく、CNNからである。Solar Impulse 2 が太平洋横断に成功したというものだ。

 Solar Impulse とは、スイス連邦工科大学ローザンヌ校で進行させている有人の太陽電池を動力源とするプロペラ飛行機プロジェクトである。気球による無着陸地球一周を初めて成功させたベルトラン・ピカールが、このプロジェクトを主催している。

 2010年にまず、連続26時間の飛行を成功させた。その後、機体を改造した Solar Impulse 2 を製作し、2015年3月、オマーンを東に向けて出発した。最高速度が70km/時、航行時間が36時間のため、地球一周を12回に分けて飛行することを目標としている。南京まで到着し、南京からハワイを目指したとき気象状況が悪化したため、急きょ名古屋に着陸した。そのため、ハワイへは名古屋からの出発となった。

 ハワイ到着後機体のトラブルを整備し、2016年4月21日、カリフォルニアに向かって飛び立った。そして、4月24日、カリフォルニアに着陸したのである。地球一周まで、後4区間だ。

|

« 信号のない交差点 | トップページ | カリフォルニア州の自動走行実験企業 »

コメント

I really like and appreciate your article post.Really looking forward to read more. Fantastic. Fran

投稿: Williamlody | 2016年5月18日 (水) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/65177238

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽電池飛行機プロジェクト:

« 信号のない交差点 | トップページ | カリフォルニア州の自動走行実験企業 »