« エヌビディアのロボカーレースサポート | トップページ | アメリカの技術者の給料 »

2016年4月23日 (土)

中国版テスラ

 中国企業Faraday社が自動運転の開発を行っている旨のアナウンスがあった。自動車本体は第二のテスラを目指すフルEVである。

 Faraday社はカリフォルニアでEVを開発している。CEOは中国のイーロン・マスクと呼ばれている贾跃亭(Jia Yueting)氏だ。

 氏はもともと、中国での動画配信が成功して大富豪になった人物である。氏の始めた次の事業が、スーパー自転車の販売である。この自転車は心拍、速度、走行距離等の走行データを収集するスマート機能に加え、スモールライト、ヘッドライト、テールライト、ウィンカー、ムードライトの5つのライトで安全性を高めたり、音楽制御や防犯機能も備えるものである。これを去年から中国とアメリカで販売している。そして、テスラを目指してEV事業をFaraday社で始めたのである。

 今回、更にこのEVに自動運転機能を追加することを公表したのである。まずはカリフォルニアで実験し、中国でも動き始めるはずである。

|

« エヌビディアのロボカーレースサポート | トップページ | アメリカの技術者の給料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/65111213

この記事へのトラックバック一覧です: 中国版テスラ:

« エヌビディアのロボカーレースサポート | トップページ | アメリカの技術者の給料 »