« HoloFlex | トップページ | クライスラー »

2016年5月 8日 (日)

GMとリフトの自動運転タクシー

 日本の自動車会社は、何とか自前で自動運転をモノにしようと奮起しているように見える。ところが、アメリカの自動車会社はハイテク企業と連携して、自動運転を進めようとしているようだ。

 と言うのは、GMとリフトが無人の自動運転タクシーの実証実験を行う予定と報じられたからだ。実証実験を行う都市は、まだ公表されていない。

 GMが提供する車両は、フルEVのGMボルトである。GMは最近、リフト社に5億ドルを提供している。そして、自動運転のスタートアップ企業のクルーズオートメーション社に10億ドルを融資している。これらの融資がなければ、自動運転タクシーの実証実験は行うことができないだろう。一方、フォードはグーグルと提携することで話が進んでいたものの、交渉が決裂したようだ。最近、グーグルはクライスラーと提携して自動運転専用車を開発すると公表している。

 自動車会社とハイテク新興企業の提携で問題になりそうなのが、データ管理である。貴重な自動運転のデータはまず新興企業が扱い、その後自動車会社がどう活用し管理するのかが課題と言われている。

|

« HoloFlex | トップページ | クライスラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/65362287

この記事へのトラックバック一覧です: GMとリフトの自動運転タクシー:

« HoloFlex | トップページ | クライスラー »