« GMとリフトの自動運転タクシー | トップページ | Project Wing »

2016年5月 9日 (月)

クライスラー

 グーグルは自動運転の提携先にクライスラーを選んだ。正確には、フィアット・クライスラー・オートモービルズ社である。

 かつてアメリカの自動車会社はビッグスリーと呼ばれていた。ビッグスリーとは、GM、フォード、クライスラーの3社である。

 ところが現在、アメリカに資本を置く会社はGMとフォードだけとなっている。クライスラーは2014年にフィアット社の完全子会社となった。そして、同年、フィアット・クライスラー。オートモビルズが誕生したのである。2009年、クライスラーが倒産したため、フィアット、アメリカ政府、カナダ政府と全米自動車労働組合が株主となった。それ以来、クライスラーはフィアット傘下になっており、フィアットは徐々に株式比率を上げて行ったのだ。

 フィアットも自動運転には弱かったので、グーグルとの提携は渡りに船だろう。ドイツは自前、イタリアはグーグルということだろうか。

|

« GMとリフトの自動運転タクシー | トップページ | Project Wing »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/65379687

この記事へのトラックバック一覧です: クライスラー:

« GMとリフトの自動運転タクシー | トップページ | Project Wing »