« シャノン | トップページ | 自動運転の安全性 »

2016年5月 1日 (日)

自動運転のロビー活動

 待望のGWが始まっている。この素晴らしい時節を楽しんでいるだろうか。

 日本のGWが始まる直前、アメリカでは自動運転の公道走行の具体的な取組が始まった。グーグル、フォード、ボルボ、ウーバー、リフトの5社が、「安全な道路交通のための自動走行車協議会(Self-Driving Coalition for Safer Streets)」というロビー団体を設立したのである。

 顧問に、米国道路交通安全局NHTSAの前長官デイビッド・ストリックランド氏を迎え、NHTSAと具体的な交渉に入る。カリフォルニア州等で、個別に認可を受けた自動運転の公道実験は行われている。しかし、これまで一般の車を自動運転化して走らせる具体的な基準は未だ手付かずだったのだ。そこで、自動運転車を早期に販売したい5社が、具体化に向けて動き出したというわけである。

 米国の法律はワシントンで作られる。今年はこれから、ワシントンでの自動運転のデモが盛んに行われることだろう。

|

« シャノン | トップページ | 自動運転の安全性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/65245673

この記事へのトラックバック一覧です: 自動運転のロビー活動:

« シャノン | トップページ | 自動運転の安全性 »