« スタンフォード大学のロボット実験授業 | トップページ | 自動運転の倫理観 »

2016年6月10日 (金)

自動運転用の自動車保険

 自動運転になると、自動車保険はどう適用されるのだろうか。これは、自動車の新しい機能を考慮した保険でないと対象外になる。
 つまり、自動運転車の自動車保険は、自動運転の機能も保険対象になっていないといけないという意味である。今月になって初めて、イギリスの保険会社アドリン・フラックス社が自動運転に対する自動車保険を販売することを発表した。
 自動運転機能と言ってもいろいろある。自動駐車とか、手放しレーンキーピングとか。この保険はそれぞれの機能を使って自動運転中に事故が起きた場合を保証するらしい。テスラの様に、システムのアップデートをインターネットからダウンロードする機能に対し、それが正常に行われなかった場合も保障対象となる。また、GPSのトラブルでナビゲーションが誤作動した場合や、関連ソフトが正常に機能しなかった場合の対象となる。
 現在、この保険の対象となるのはテスラのモデルSとなる。しかし、モデルSで自動走行中に後席に移動したり寝てしまったときの保証はどうなるのだろうか。

|

« スタンフォード大学のロボット実験授業 | トップページ | 自動運転の倫理観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/65930717

この記事へのトラックバック一覧です: 自動運転用の自動車保険:

« スタンフォード大学のロボット実験授業 | トップページ | 自動運転の倫理観 »