« MITのリチウムイオン電池(2) | トップページ | ムーアの法則の終焉 »

2016年7月23日 (土)

自動運転シンポジウム

 自動運転に関する国際会議は、世界的にはITS世界大会が有名である。しかし、ITSは分野が広いため、自動運転だけを扱うもっと有名なものがある。
 名前もずばり、自動運転シンポジウムである。英語では、Automated Vehicles Symposiumu と称し、主催は AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International)である。
 2012年から始まり、毎年参加者が倍増している。アメリカ開催のため、アメリカ国内の参加者は40%と多い。しかし、60%は世界からの参加なのである。今年は、今週サンフランシスコで開催された。話し合われる内容は最新技術だけでなく、倫理観、安全性、社会への受容性、法律問題、カーシェアリング、都市計画、セキュリティと多様である。これまでは、グーグルが会議をリードしていた。最近は、大手自動車メーカーも参加するようになっている。もちろん、技術展示もある。
 授業期間でもあるのでなかなか出席できないものの、機会を見つけて参加してみたい。ただ、論文発表の場ではないので、大学からは参加し辛いかも知れない。

|

« MITのリチウムイオン電池(2) | トップページ | ムーアの法則の終焉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/66627951

この記事へのトラックバック一覧です: 自動運転シンポジウム:

« MITのリチウムイオン電池(2) | トップページ | ムーアの法則の終焉 »