« Eクラスの自動運転 | トップページ | 赤ちゃん用ロボット »

2016年7月29日 (金)

テスラーはモービルアイを不採用に

 テスラー社は、今まで自動運転の外界センサとして使っていたモービルアイのカメラを、今後使わないと発表した。モービルアイとの決別である。
 モービルアイはテスラーの他、GM、フォード、日産、BMW、VW、ヒュンダイにカメラを提供している。テスラーの売上高は1%に過ぎないので、影響は少ないとしている。
 今回の取引終了に至った理由には、先日起きた自動運転中の事故が影響していると言われている。Spectrumの記事によれば、モービルアイはテスラーモデルSで起きた事故に特化した対策をカメラに織り込む予定がないので、テスラーは取引をやめることにしたとのこと。モービルアイの判断は、今回の事件は特殊事例で汎用性はないとしたのではないだろうか。
 テスラーは、今後カメラによる認識技術の自社開発も検討すると発表している。長い歴史の蓄積であるモービルアイの技術に追い付くのは難しいのではないだろうか。

|

« Eクラスの自動運転 | トップページ | 赤ちゃん用ロボット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/66723352

この記事へのトラックバック一覧です: テスラーはモービルアイを不採用に:

« Eクラスの自動運転 | トップページ | 赤ちゃん用ロボット »