« 咀嚼状況を検出するスマートグラス | トップページ | 商用ドローンの規制緩和 »

2016年7月 2日 (土)

テスラーモデルSの自動運転事故

 ついに自動運転車の死亡事故が発生した。アメリカでテスラーモデルSが自動運転中に事故を起こし、ドライバが死亡したのである。
 事故の状況は、斜め前方から侵入して来たトレーラの後部に、モデルSが潜り込むかたちで追突した。強い日差しのためか、センサがトレーラを認識しなかったようだ。
 モデルSの前方認識は、カメラとレーダーで行っている。強い日差しでカメラが正常に作動しなかったのだろうか。また、レーダーも正しく認識できない場合がある。トレーラーの最低地上高が高く、レーダーが反応しなかったことも考えられる。今回は、ノーブレーキで追突していたので、カメラもレーダーも反応しなかったようだ。モデルSの自動運転レベルはレベル2なので、衝突事故を起こせばドライバの責任となる。なぜなら、レベル2ではドライバが交通状況を監視しなければならないからである。
 レベル2の自動運転であるにも関わらず、もしテスラーが自動運転ということだけを強調していれば問題である。ドライバが正しくレベル2の自動運転を理解しなかったからかも知れないからである。

|

« 咀嚼状況を検出するスマートグラス | トップページ | 商用ドローンの規制緩和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/66297159

この記事へのトラックバック一覧です: テスラーモデルSの自動運転事故:

« 咀嚼状況を検出するスマートグラス | トップページ | 商用ドローンの規制緩和 »