« テスラーモデルSの自動運転事故の追加事項再び | トップページ | DNAメモリ »

2016年7月 9日 (土)

テスラーモデルSの自動運転の4つの疑問

 テスラーモデルSの自動運転中の死亡事故には、4つの疑問があるそうだ。順に伝えよう。

 一つ目の疑問は報道の遅れである。事故の発生は5月7日で、報道されたのが7月4日なのだ。

 二つ目の疑問は、当の40歳だった海軍出身のドライバが運転中にハリーポッターのDVDを鑑賞していたという報道である。別の報道では、そんなことはなかったといっている。三つ目の疑問は、テスラーはオートパイロットの新バージョンをリリースしようとしていて、そのバージョンを使っていたらあの事故は回避できたのかということである。恐らくは回避できなかったと言われている。

 そして、4つ目も疑問は、モデルSが衝突したものがもっと小さいものだったらどなっていたかということである。今回は自分より遥かに大きなトラックに衝突したのでモデルSに被害が及んだのであり、相手が自分より小さいものなら加害者になっていたのではないかということである。

|

« テスラーモデルSの自動運転事故の追加事項再び | トップページ | DNAメモリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/66406669

この記事へのトラックバック一覧です: テスラーモデルSの自動運転の4つの疑問:

« テスラーモデルSの自動運転事故の追加事項再び | トップページ | DNAメモリ »