« インテルのディープラーニング | トップページ | 透明ウエアラブル・デバイス »

2016年8月15日 (月)

GMの自動運転タクシー開始時期

 GMはリフト社と組んで、自動運転タクシーを展開する予定である。その開始時期が、2019年1月というのがわかった。

 自動運転タクシーの台数は、725台が予定されている。この台数は、レーダーの認可申請個数から割り出されたものである。

 GMは自動運転タクシー用のレーダーを、前方用の長距離レーダー1基と、後方と左右の斜め後方の短距離レーダー3基を搭載予定である。そのため、米国連邦通信委員会に、長距離レーダー725個と短距離レーダー2175個を申請している。車両としては、GMのボルトを予定している。自動運転技術は、GMと提携したベンチャー企業クルーズオートメーションのソフトを使用する。このソフトを獲得するため、GMは600万ドルを支払ったそうだ。

 ライバルのフォードとウーバーは、自動運転タクシーの開発状況をまだまだこれからとコメントしている。GMの公式コメントはまだ出ていない。

|

« インテルのディープラーニング | トップページ | 透明ウエアラブル・デバイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/66999968

この記事へのトラックバック一覧です: GMの自動運転タクシー開始時期:

« インテルのディープラーニング | トップページ | 透明ウエアラブル・デバイス »