« 脳波で感情を推定 | トップページ | カーボンナノチューブで嗅覚センサ »

2016年8月28日 (日)

ボンネビル・スピードウェイ

 アメリカのユタ州にあるソルトレイクは有名な塩湖である。その西に位置するボンネビル・ソルトフラッツは、260平方kmにも及ぶ塩の平原である。

 毎年8月、そこでボンネビル・スピードウェイが開催されている。これは、世界で最も有名な自動車の最高速度を競う草レースである。

 レースはエンジンの種類や排気量等で、数十種類に分類されている。50ccのオートバイや電気自動車からロケットカーまでが記録を競うのである。 ただし、ソルトフラッツの標高は1282mと高く酸素濃度が平地より薄く、地面は塩なため公認記録にはならず、あくまで草レースなのである。しかし、伝説的なレーサー達が華々しい記録を樹立しているため、世界中のモーターファンが支持し続けているのである。

 IEEE Spectrum で紹介されたものは、ニュージーランドのカンタベリー大学で学ぶ学生がボンネビル・スピードウェイに挑戦するために制作中の電気3輪車である。3輪車といっても、オートバイにサイドカーを装着した3輪である。

|

« 脳波で感情を推定 | トップページ | カーボンナノチューブで嗅覚センサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/67209069

この記事へのトラックバック一覧です: ボンネビル・スピードウェイ:

« 脳波で感情を推定 | トップページ | カーボンナノチューブで嗅覚センサ »