« 経頭蓋直流刺激のスポーツへの効用 | トップページ | 100ドルのレーザレーダ »

2016年8月10日 (水)

グーグル自動運転のリーダーが転職

 グーグルの自動運転のリーダー、クリス・ウルムソンがプロジェクトから離脱することになった。次の仕事は未定だそうだ。
 クリス・ウルムソンはカーネギーメロン大学で自律走行車プロジェクトを手掛けた研究者である。グーグルの自動運転は、そのプロジェクトがベースになっている。
 カーネギーメロン大学で自律走行車を経験し、グーグルの自動運転でリーダーを務めたとあらば、次は引く手あまただろう。自動運転のベンチャーは数多くあるし、自動車関連メーカーが自動運転の技術者を熱望している。日産は自動運転のために300人の技術者を新規雇用すると発表しているほどだ。一気に流行ったので、世界的にこの分野の技術者が足りていない。
 自動運転は、ある特殊な特許で先行できるような分野ではない。現在はまだまだノウハウの蓄積が必要である。

|

« 経頭蓋直流刺激のスポーツへの効用 | トップページ | 100ドルのレーザレーダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/66915173

この記事へのトラックバック一覧です: グーグル自動運転のリーダーが転職:

« 経頭蓋直流刺激のスポーツへの効用 | トップページ | 100ドルのレーザレーダ »