« フォードの自動運転戦略 | トップページ | ヘルシンキの自動運転バス »

2016年8月20日 (土)

ウーバーの自動運転タクシー実証実験

 GMやフォードの自動運転タクシーの話題を提供したものの、それらは2年以上先のものだった。ところが、ウーバーは今月末からピッツバーグで自動運転タクシーの実証実験を開始すると発表した。

 車両は、ボルボXC90を改造したものを使用する。客はウーバーのシステムそのままに、スマホでタクシーを呼び出せば良いのだ。

 ただし、今回の実験にはバックアップ用のドライバが同乗するとのこと。このドライバの目的は、もしもに備えてのテイクオーバーと、客に対しての説明だそうだ。客への説明はこのドライバが積極的に行うのではなく、後席に備えられたタブレット画面に出されるメッセージが出され、恐らく目的地はそのタブレットで指示するのではないかと思われる。客が自動運転タクシーへの指示等で困ったときのバックアップ要員というところだろうか。

 ウーバーの実証実験が成功すると、大変な事態が待ち受けている。米国の数百万人もいる職業運転手の職業破壊が始まるからである。

|

« フォードの自動運転戦略 | トップページ | ヘルシンキの自動運転バス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/67080467

この記事へのトラックバック一覧です: ウーバーの自動運転タクシー実証実験:

« フォードの自動運転戦略 | トップページ | ヘルシンキの自動運転バス »