« アメリカの自動運転ガイドライン(2) | トップページ | アメリカの自動運転ガイドライン(4) »

2016年9月25日 (日)

アメリカの自動運転ガイドライン(3)

 メッセージの次は、事業計画概要(Executive Summary)である。長い文章の前に付けられるこの概要は、単に要約ではなく、本文の狙いがわかるように詳しく書かれることが多い。

 まず、自動運転の意義としては、2015年のアメリカの交通事故死者数35092名の原因の94%がヒューマンエラーだったことを挙げている。自動運転は、このヒューマンエラーを無くす可能性のある画期的な技術と述べている。

 そのため、自動運転による新たなリスクを発生させないため、このガイドラインの意義があるとしている。自動運転のレベルについては、SAEが定義したレベル0からレベル5までを採用し、低レベルの自動運転と高レベルの自動運転を区別するため、レベル3以上の自動運転をHAV(Highly Automated Vehicle)と述べている。HAVを安全に導入するため、本ガイドラインを
・自動運転のための車両性能ガイドライン
・標準的な州の方針
・NHTSAの現法規制ツール
・新ツールと権限
の4つの章に分けて構成する。

 概要の締めくくりとして、緊急自動ブレーキや車線逸脱防止警報がアメリカの道路を安全にしたように、自動運転は安全に貢献するはずとしている。そして、DOTはその貢献度を明確にしたいとしている。

|

« アメリカの自動運転ガイドライン(2) | トップページ | アメリカの自動運転ガイドライン(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/67643325

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの自動運転ガイドライン(3):

« アメリカの自動運転ガイドライン(2) | トップページ | アメリカの自動運転ガイドライン(4) »