« BMWの空駐車場情報提供サービス | トップページ | アメリカの自動運転ガイドライン(8)続き »

2016年10月 2日 (日)

アメリカの自動運転ガイドライン(8)

 システム安全性とは、業界の標準を使うことを義務付けている。業界標準を使うとは、ISO26262の機能安全を適用するということである。

 ガイドラインでは、開発プロセスの全てや変更点をドキュメント化することが義務付けられている。しかしこれは、ISO26262を守れば自動的にやらなければならないことである。

 ISO26262はどんな国際標準だろうか。このISOが制定された背景は、現在の自動車がいくつもの電気電子システムが搭載されるため、これらのシステムが統合化されたシステムレベルで安全であることが必要になったからである。そのため、ISO26262でいう安全とは、「電気電子システムの機能不全のふるまいにより引き起こされるハザードが原因となる、不合理なリスクの不在」と定義されいる。つまり、システムに故障が生じても、安全機能を設けて、可能な限り危険でないようにするということなのである。

 そのため、システム、ハードウエア、ソフトウエアでの開発管理だけでなく、コンセプトフェーズ、生産・運用フェーズについても数々の規定を定めている。もちろん、開発プロセスにおけるドキュメント化は必須であり、評価ツールにすら規定を設けている。

|

« BMWの空駐車場情報提供サービス | トップページ | アメリカの自動運転ガイドライン(8)続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/67748598

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの自動運転ガイドライン(8):

« BMWの空駐車場情報提供サービス | トップページ | アメリカの自動運転ガイドライン(8)続き »