« 5G通信規格 | トップページ | 2030アジェンダ »

2016年11月20日 (日)

5Gによる車々間通信

 昨日紹介した5G通信規格を車々間通信に使う実験が始まっている。実験場所は韓国で、SK(South Korea)テレコムの主催だ。

 実験車両はBMWのX5とS7である。どちらも最先端の自動運転機能があることで選ばれた。

 車々間通信の課題の一つに、専用のDSRCで行うか携帯電話網を使って行うかというものがある。これまで、通信品質や速度の点から、専用のDSRCを使う前提にしていた。ところが、5Gが普及して通信品質が確保できれば、車々間通信も5Gを使えば良いと一部の電話会社が主張し始めた。SKテレコムの実験はこの走りとなる。

 DSRCになると、対応車種しか車々間通信ができない。5G通信網でかつスマホのアプリとして利用できれば、一気に普及する可能性がある。

|

« 5G通信規格 | トップページ | 2030アジェンダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/68490784

この記事へのトラックバック一覧です: 5Gによる車々間通信:

« 5G通信規格 | トップページ | 2030アジェンダ »