« サイクロコプター | トップページ | ミリ波電波の到達距離 »

2016年11月13日 (日)

ホンダNSX

 ホンダNSXは日本の唯一のスーパーカーである。IEEE Spectrum でも新型NS-Xを紹介している。

 Spectrumが取り上げた理由は、NSXがハイブリッドカーであるからである。先代のモデルからの変遷ということで、旧型も紹介している。

 初代NSXは、1990年から2005年まで製造・販売されていた、日本が世界に誇るミッドシップ・スーパーカーだった。マニュアル車の第一号が800万円で販売され、マイナーチェンジを繰り返して最終的に1300万円となった高級車でもある。3ℓV6エンジンで280馬力だった。そのNSXがモデルチェンジし、3.5ℓV6エンジンをツインターボ化して507馬力とし、更にエンジンに直結したダイレクトモータと、前輪左右に独立したモータを配した四駆のハイブリッドカーに生まれ変わった。モータ出力も加えれば、5730馬力となる。

 生産台数は、アメリカでは年間800台を予定している。ところが、日本では年間100台とかなり少なく、納車も2017年の2月以降となる。

|

« サイクロコプター | トップページ | ミリ波電波の到達距離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/68397482

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダNSX:

« サイクロコプター | トップページ | ミリ波電波の到達距離 »