« 自撮り用ドローンで最良のもの | トップページ | ロサンゼルスオートショー(2) »

2016年12月 7日 (水)

ロサンゼルスオートショー(1)

 11月18日から27日まで、ロサンゼルスオートショーが開催された。そこで催されたデザインコンテストの状況を知らせよう。

 テーマは2050年の自動運転車である。自動運転車そのものだけでなく、自動運転をベースとしたユーザーエクスペリエンスも含んだものである。

 主催者の狙いとしては、自動運転が普及することにより、ロサンゼルスの街がどのように進化するのか?自動運転を通して、ユーザはどの様な体験ができるのか?この体験を提供する自動運転車はどのようなものか?そして、自動運転車やその室内での体験が、人の生活様式をどのように変えるか?というものを示すことになる。

 コンテストには5チームが出品したので明日から順に紹介しよう。これら5チームとは、Team Honda, Lego, & Trigger、Team Crayola & Qoros、Team Fandango & Jaunt VR、Team CH Auto & Creative Mobile、Team KTM & Kiskaである。

|

« 自撮り用ドローンで最良のもの | トップページ | ロサンゼルスオートショー(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/68734185

この記事へのトラックバック一覧です: ロサンゼルスオートショー(1):

« 自撮り用ドローンで最良のもの | トップページ | ロサンゼルスオートショー(2) »