« リチウムイオン電池が過放電に弱い理由 | トップページ | 新政権下でのアメリカの自動運転研究 »

2017年1月21日 (土)

ベロダインの新工場

 グーグル自動運転のセンサーとして注目されたベロダインは、フォードとバイドゥから1億5千万dドルもの支援を得た。この資金で始めたのが、カリフォルニアでの新工場の建設である。

 新工場の目標は、2018年に年間100万ユニットの製造である。このときのコストは、300~500ドルを目標にしている。

 2018年時点で、ベロダインのライダーが300~500ドルで手に入るというのは魅力的である。先月、ベロダインはライダーの心臓部を50ドル以下にする目途が付いたと発表している。これは、グーグルからウェイモに変わった自動運転車のプラットフォームには、ベロダインのライダーが採用されない発表を受けたものである。ウェイモが新たに採用した3つのライダーは、ベロダインのコストの10%と発表したので、ベロダインは更に安くなることをアピールしているようだ。

 クアナジーはメカレスのライダーS3を250ドル以下で出荷すると発表している。着々とライダーの低価格化は進んでいる。

|

« リチウムイオン電池が過放電に弱い理由 | トップページ | 新政権下でのアメリカの自動運転研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/69314201

この記事へのトラックバック一覧です: ベロダインの新工場:

« リチウムイオン電池が過放電に弱い理由 | トップページ | 新政権下でのアメリカの自動運転研究 »