« 排気ガス(2) | トップページ | 排気ガス(4) »

2017年2月 6日 (月)

排気ガス(3)

 ガソリンエンジンでは空燃比制御によって、三元触媒の使用が可能となる。三元触媒で行われる、基本化学反応をまとめておく。

酸化反応
2CO + O2  → 2CO2
HC + O2  → CO2 + H2O

還元反応
2NO + 2CO → 2CO2 + N2
NO + HC  → CO2 + H2O + N2
2NO + 2H2 → N2 + 2H2O

水性ガスシフト反応
CO + H2O  → CO2 + H2
HC + H2O  → CO2 + H2

 このように、酸化還元が同時に行われるため、酸化物質(O2、NOX)と還元物質(CO、HC、H2)とのバランスが重要となる。そのため、空燃比フィードバックによる排出ガス成分の制御が必須になるのである。

|

« 排気ガス(2) | トップページ | 排気ガス(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/69481894

この記事へのトラックバック一覧です: 排気ガス(3):

« 排気ガス(2) | トップページ | 排気ガス(4) »