« HCCIエンジン(7) | トップページ | SEATUC(1) »

2017年3月12日 (日)

HCCIエンジン(8)

 マツダがHCCIを新型アクセラに投入すると言われるのは2018年末である。このときにこれまで述べたHCCI化の具体的な技術が明らかになる。

 HCCIに関して最も興味深いことは、点火プラグがあるのかないのかである。HCCIそのものには、点火プラグは不要である。

 ところが、エンジン負荷が増えてくると、HCCIだけでは難しくなるのが現状である。単純に考えれば、中低負荷のときはHCCI燃焼とし、高負荷時は点火プラグを使う従来型のICエンジンとするハイブリッド方式である。また、低温酸化反応とHCCI反応は分離しているのかどうかも気にかかる。更に、ロータリーエンジンのHCCI化という考え方もある。マツダはロータリーエンジンをまた復活させたいと考えているのは、2015年の東京モーターショーでわかった。

 今年は東京モーターショーの年である。HCCIやロータリーについての表明があることを期待しよう。

|

« HCCIエンジン(7) | トップページ | SEATUC(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/69884449

この記事へのトラックバック一覧です: HCCIエンジン(8):

« HCCIエンジン(7) | トップページ | SEATUC(1) »