« 自動車の振動騒音(7) | トップページ | 自動車の振動騒音(9) »

2017年3月24日 (金)

自動車の振動騒音(8)

 騒音の対策方法は数々ある。具体的な事例を紹介しよう。

 冷却系騒音の低減としては、ファン形状の変更、カップリングファンのカップリング特性変更、電動ファンの採用、ファンを必要時のみ回転させての回転数減少等がある。

 吸気系騒音対策事例としては、エアクリーナの大型化、レゾネータの採用、レゾネータ他放射面の剛性アップ等がある。エンジン、駆動系騒音対策事例として、ダンパープーリの採用、クラッチのねじり角変更等がある。特に、ドライブシャフト共振によるこもり音対策としては、ダイナミックダンパー装着や中空ドライブシャフトの使用等がある。

 タイヤノイズ対策としては、ピッチバリエーションがある。ピッチバリエーションとは、タイヤピッチにいくつかのパターンが異なるものを採用し、タイヤ発生音の周波数が分散することを狙った方法である。

|

« 自動車の振動騒音(7) | トップページ | 自動車の振動騒音(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/70022348

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車の振動騒音(8):

« 自動車の振動騒音(7) | トップページ | 自動車の振動騒音(9) »