« ポルシェ・パナメーラ | トップページ | インフィニティQX50 »

2017年4月25日 (火)

クライスラー・パシフィカ・ハイブリッド

 2017トップ10カーの8台目は、クライスラー・パシフィカ・ハイブリッドである。実は、北米市場での初のハイブリッド・ミニバンとなり、しかも最初からPHVである。

 クライスラーにはタウン&カントリーという伝統的なミニバンがある。パシフィカは、7年が経過したタウン&カントリーのモデルチェンジという位置付けである。

 エンジンユニットは、ペンタスターと名付けられた3600ccV型6気筒に2個のモーターが組み合わされる。最大出力は248馬力となる。PHV用のバッテリーは16kWhのリチウムイオン電池を搭載し、EVモードで最大53kmの走行が可能である。240Vで充電すると、2時間で完了する。EPAによる燃費換算では、36km/lと優秀な値となる。

 グーグルの自動運転用子会社ウェイモが使用する自動運転のベース車が、このパシフィカ・ハイブリッドである。ウェイモは100台の自動運転パシフィカを準備する予定だ。

|

« ポルシェ・パナメーラ | トップページ | インフィニティQX50 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16253/70366897

この記事へのトラックバック一覧です: クライスラー・パシフィカ・ハイブリッド:

« ポルシェ・パナメーラ | トップページ | インフィニティQX50 »